読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きるための錬金術

ヘルメスの7つの原理という精神の錬金術を学びたい人のためのブログ

3つの段階の仕組み

3つの段階「全てを含む世界」「一人一人の宇宙」「自分と他人がいる世界」

についてお伝えしてきましたが、かなり分かりにくかったと思います。

 

なので今日は、ゲームになぞらえてこれらの3つの段階を

ご説明したいと思います。

 

これらの3つの段階は、スーパーマリオというゲームになぞらえると・・・

 

「全てを含む世界」は、プログラマー

「一人一人の宇宙」は、ゲームのプレイヤー。

「自分と他人がいる世界」は、マリオから見たゲームの世界。

ということになります。

 

ゲームの中のマリオにとって、世界は思うようにいかないことばかり、

敵はいるし、やらなければならないことは沢山あるし、

なによりどこにゴールや正解があるかも観えません。

いつもドキドキハラハラしながらゲーム(とは、思わず)に振り回されます。

 

しかし、ゲームのプレイヤーにとっては、ゲームの障害は

必要なものだとわかっています。その上、自分のプレイによっては、

その障害こそが、やりがいだったり楽しみに変わることも認識できます。

マリオにとっては敵でしかなかったモノも、ゲームという視点で見たら

大切なパーツでありゲームの一部なのです。

また、ゲームはプレイヤー一人一人によって全く違う進み方をします。

自分のゲームをしながら、ほかのプレイヤーのゲームを干渉することは、基本的にはできません。

 

そしてゲームのプログラマーは、ゲームの構成をつかさどります。

プログラマーはどんなプレイヤーがゲームをするかには基本的には関心がありません。

プログラマーは、プレイヤーにも、もちろんマリオにも影響を受けることはありません。

そこには無限の可能性があり、プログラマーの気持ち次第でどんな設定のゲームも生まれる可能性があります。

 

実際には、すべてを含む世界にはプログラマーのような、人格などはありえないと思いますが、3つの段階の仕組みはゲームに例えるとこのようになっています。これらの例えから考えるとお分かり頂けると思いますが、

 

3つの世界観の影響力は、プログラマー→プレイヤー→マリオ

というようにしか影響しません。

 

錬金術とは、物質をより完全なものに変化させようとする技術のことですが、

ここでお伝えしているのは自分の視点を高く持つことでよりゲームを

楽しもう。ということです。

 

マリオとして人生を楽しみつつ、プレイヤー意識を持ち、プログラマー

意図(ゲームの設定)を探りながら生きることで、より積極的に人生を味わいませんか?ということです。

 

次回は、7つの原理がどのように働くかについてお伝えしたいと思います。