読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きるための錬金術

ヘルメスの7つの原理という精神の錬金術を学びたい人のためのブログ

「その六・カルマ」原因と結果の原理

7つの原理の六つ目は、原因と結果の原理です。

 

原因と結果については、日常でもよく語られます。

 

ただ、錬金術という視点から見ると、この原因と結果の原理をどう捉えるか?で、自分らしく自由になるか?それとも縛られて窮屈になるか?が変わってくるので、取り扱いには注意が必要です。

 

自分らしく自由になるために、この原理を使うポイントは、原因をどこに持ってくるか?ということです。

 

この原因を自分に持ってくると、自分の意志が人生に反映されます。自分で人生の舵をとり自由に楽しむためには、まずは自分で自分の人生の責任をとり原因を自分に置く覚悟が必要になるのです。

 

逆に言えば、原因を自分以外(他人や様々な外的条件)に置いた場合、どんな結果が出るかは、自分以外にゆだねられていることになりますから、自分の意志が人生に反映されていると感じることはほとんどなくなるということです。

 

これはどちらが正しいということではないのですが、ここでは自分らしく流れに乗って生きることをお勧めしていますから、少しずつでも原因を自分に置くことを意識してみることをお勧めしています。

 

引き寄せの法則を働かせたいと考える場合は、この原因と結果の原理はとても大切になります。

原因を自分に置くことは、結果を生み出す力を自分が持っていると認識することでもあるからです。

 

ただ、自分の前に現れる結果の中には「全てを含む世界」からの結果もあります。この場合の原因は、全てを含んだ(全てに含まれた)状態の自分なので、他人も自分もいる振動数の「自分」の意志とは違うと感じることもあります。

 

そうは言っても、ほとんどの場合は、この差は感じられないと思いますので、そう深刻に考える必要はありません。

自分の人生を楽しむ力を失わないためにも、原因を自分に置くことをお勧めします。