読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きるための錬金術

ヘルメスの7つの原理という精神の錬金術を学びたい人のためのブログ

望みが叶う・・・の注意点

様々な方からお話しをうかがうと「振動数が上がる」と「悟りが開ける」と、結果として望みが叶う!と思っている方も、少なくないようです。

 

確かに、自分と他人がいる世界で分離感が強い状態よりは、振動数が上がり統合に向かった状態のほうが、物事はスムーズに進みます。

 

しかし、この場合は、望みが叶ったというよりも、望みが叶っていたと気付く、もしくは望む必要が無かったことに気付くという状態であり「望む自分と望んだ事柄」「望みが叶った状態と叶わない状態」がしっかりと分かれていることが前提の、自分と他人がいる世界での望みを叶えるというのとは、少し違った話になります。

 

私は、仕事柄タロット占いもするのですが「占いを使ってギャンブルに勝ち続ける方法はないか?」と(ごくまれに)聞かれることがあります。

 

道徳的なことはともかく、この答えは実はNOです。

 

なぜなら、ギャンブルとは「勝つと負ける」の両方の概念が無ければ、なりたたないからです。もしも勝ち続けたとしたら、それは単なるお金儲けであり、ギャンブルではないということです。

 

つまり、どうしても勝ち続けたいのならバイトでもしたほうが確実だということです。でも、こう話すと、当たり前ですが「そんなのはギャンブルではない!」ということになります(笑)

 

「勝つと負ける」があるからこそ意味をもつものから「勝つ」だけを抜き出すことは、不可能です。それを抜き出した途端ギャンブルではなくなってしまうからです。

 

実は、振動数を上げて望みを叶えるということは、これに少し似ているのです。「何かを手に入れたい」と望むことは、「手に入れた状態と入れていない状態」があるからこそできることです。

 

しかし、振動数を上げること(統合に向かうこと)は「手に入れた状態と入れていない状態」がそう変わらないことを認識することです。

 

あなたにとって、ギャンブルと同じように「望みが叶った状態と叶わない状態」がある、その望みが大切なのか?それとも2つの状態を含んだ、望むまでもない状態が良いのか?を考えてみることをお勧めします。

 

これはどちらを選んでも、好みでしかありません。

 

ただ、自分の望んでいるものが、望みが叶うかどうかの「ワクワク・ドキドキ」なのか、望む必要が無いと気付くことなのかは、知っておいたほうが良いかもしれません。

 

そのほうが、より人生を楽しむことが出来ますから・・・