読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きるための錬金術

ヘルメスの7つの原理という精神の錬金術を学びたい人のためのブログ

流れには2種類あるのです

精神の錬金術は、流れに乗って自分らしく人生を楽しむためにあるのですが・・・

 

この流れというものは2種類あるのです。

 

この2つは、それぞれをみるとまるで正反対の性質の様にみえます。流れに乗ると聞くと、統合に向かうことだと思う方は多いかもしれません。しかし、統合に向かうためには、分離を知らなければなりません。

 

この仕組みにそって生きることが流れに乗るということなのであって、どちらか一つだけを目指すことはできないのです。

 

これは、少しジグソーパズルに似ているかもしれません。

 

それぞれの違い(分離)を見つけることは、一つ一つのピースを探す作業のようなものです。様々な価値判断や枠を知ることで、世の中にはいろんな違いがあり、様々なピースがあることを知っていくということです。

 

学校で沢山のことを学んだり、人間関係でいろいろなタイプの人と出会ったりすることは、様々なピースの違いを知ることと似ています。

 

この時、沢山の経験をして様々なピースを見つけ出す人、又、少ないピースを大切にする人、など色々ですが、どちらも良い悪いはありません。

 

ただ、この時期は様々な価値判断(分離)を知る流れがありますから、ピースを見つけようとする行為のほうが流れに乗っている(スムーズに物事が進む)傾向があります。

 

ジグソーパズルのピースがある程度そろったら(ピースの数は人それぞれです。)それらを組み立てる流れに入ります。

 

ジグソーパズルを組み立てるとは、それぞれのピースの違いを認めながら、一つの絵として含んでいく作業です。この一つの絵に向かって統合していくことがもう一つの流れになるのです。

 

流れに乗ることが、統合へと向かうことのみだと考えていると、自分の人生という絵に必要なピースを見つけることが難しくなる場合があります。

また、ピースばかりを探し続けているために、自分の人生の絵がいつまでも見えなくて途方に暮れてしまう人もいます。

 

今の自分の流れは、ピースを探す流なのか?それとも組み立てる流れなのか?流れに乗って生きたいと考えるのなら、今の自分の流れをよむことも大切なことなのです。

 

もちろん「ピースを探しながら組み立てる。」「組み立ててみて探すピースを見極める。」ということもありますが、ピースを一つも見つけないまま組み立てようとしても上手くいきませんし、ある程度のピースが集まっているのに組み立てないままで持っていても混乱が深まってしまいます。

 

様々な経験や、出会った人たち、学んだ事柄・・・は、あなたの人生の大切なピースです。それらを上手に含み組み立てていくことで、自分の人生のテーマがよりはっきりと見えてくることでしょう。