読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きるための錬金術

ヘルメスの7つの原理という精神の錬金術を学びたい人のためのブログ

全てがひっくり返る振動数

振動数が高くなってくると、全てがひっくり返る振動数に到達します。

 

とはいえ、体がある限り完全に覚醒などはしませんが、今までの当り前が、鏡のようにひっくり返る瞬間があるのです。

 

他人がいて自分がいる世界観や全てが自分という世界観では、自分の望みや行動は自分が生み出していると認識されますが、全てを含む世界を知る事が出来た時、自分の望みや行動はただただ、そうなるためのものでしかなかったことに気が付くのです。

 

望んでいたのではなく、望まされていた。行動していたのではなく、行動させられていた。これを知ってしまったとき自分に対しての認識がひっくり返ってしまうのです。

 

こんな話を聞くと、自由が無くなる気がして抵抗を覚える方も多いかもしれません。私自身も自由が好きだと、自由を求めていた時がありますから、その気持ちは痛いほどわかります・・・。当たり前ですが、自由を求めて生きることに何ら問題があるわけではありません。

 

ただ、自由をもとめれば求めるほど、自分の意志で何かを選べば選ぶほど、何故それを選ぶのか?何故それを求めるのか?はわからなくなっていきます。不安や恐怖からの選択が無くなれば無くなるほど、自分の選ぶものは、はっきりしてくるのに、それを選ぶ明確な理由などないと気付くのです。

 

ここが観えてきたとき、自分が選んだのではなく、選ばされているのかもしれないことが観えてきます。そこにはわずかな諦めと、そうするしかないことに対する喜びがあります。

 

これは、自分自身をきちんと使う調和への喜びなのかもしれません。

 

この振動数にいきつくと、ワクワクとは無縁になります。ワクワクの定義は様々ですが、テンションが上がりラッキー!というような感情ではないということです。静かに淡々とやるべきことをやるという感じです。そこに喜びはもちろんありますが、喜びと共に確信や諦めもありますので、一般的に想像されるワクワクとは少し違ったもののように思います。

 

もちろん、誰もがこの境地を目指す必要はありません。この境地に行きついているように感じられる人を何人か知っていますが、それらの人たちの多くは、これを目指したわけではなく、ワクワクする人をちょっとうらやましく思いながら(笑)自分のテーマを淡々と生きることで自分の世界に影響を与えているように感じます。

 

ここを読んでいるあなたが、今どの振動数で生きているのかは、私にはわかりませんが・・・どの振動数だろうと自分の人生を真剣に大切に生きていただきたいと思います。私も毎日それだけを考えて生きています。せっかく生まれたのだから、自分をしっかり味わいたいと思うからです。