読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽しく生きるための錬金術

ヘルメスの7つの原理という精神の錬金術を学びたい人のためのブログ

超えているか?というのは・・・

超えているのか?というのは・・・

 

相談されたり、悩みを解決したりする仕事の場合(相談を受けたりお悩み解決は、アルケミスト錬金術師)のお仕事でもありますが・・・)その相談内容や悩みを超えている人ではないと解決のお手伝いは難しいのです。

 

この「超えている」というのは悩みの奥を掴んでいるということであり、悩みについての様々な選択肢がみえ、悩んでいる状態よりも高い振動数でいるということです。

 

ただ「超える」というのを勘違いされている方も多く、せっかく相談しても悩みがより深くなったり、相談する前よりも気分が重くなったりする方も残念ながら少なくありません。

 

かなりややこしいお話ですが、悩みを超えているというのは、そのことが悩みではない(縛られていない)ということであり、その悩みを解決したことがある!ということではないのです。

 

例えば、お金について悩んでいる人の場合、お金持ちの人に聞くのと、貧乏な人に聞くのとではどちらが良いか?といったお話を聞くことがありますが、実はどちらでもいいのです。

 

なぜなら「悩んでいない。縛られていない。」ということと実際にお金がある無しとは、無関係だからです。

 

とはいえ「貧乏だけどお金に全く縛られていない。」という人には、お金がないという(一般的には)大きな不安を無効化しなければならないという性質上、なかなかお目にかかれないことが多いのと、無頓着ながらも、うっかりお金が手に入ってしまう可能性も高かったりもするので、結果的にみるとお金に「縛られていない」人は、ある程度お金がある人に多いように見える傾向はあります。

 

しかし、お金持ちだからお金に縛られていないということではなく、お金持ちでお金に縛られている人の場合、お金があることが正解であり正義になるので「お金を稼ぎたいからどうすれば良いか?」という抽象度よりも高いお金の相談には答えにくくなるのです。

 

お金の相談の場合、お金を自分の価値と混同したり、必要とされること大切にされることと混同したりしてしまうことも多く、その場合に、より稼ぐことだけを考えると、悩みは解決するどころか、稼げば稼ぐほど更に不安になるということが起きたりもします。

 

もしも、相談される側がお金に縛られていなければ、その悩みはお金とは関係がないことにも気づくことが出来る可能性が高いのです。お金に縛られない人にとっては、お金はお金でしかなくほかのモノとは混同されにくいからです。

 

すごく悩んでいるときに、子供の言葉に救われた、とか大金持ちの人が何も持たない仙人のような人に話を聞きにいく、とかいうのは、超えている(その悩みに縛られていない)からであり、そんな相談相手だからこそ「お金なんてなくても良いんじゃない?」という、自分には考え付かないような解決法まで含んだうえでの、アドバイスが出来たりするからです。

 

悩みは悩んでいる一つ上の振動数で解決する。というのは自分の盲点に気付くために、とても大切なことなのです。